胃カメラ

胃カメラ検査(上部内視鏡検査)について

上部消化管とは、食道・胃・十二指腸を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し、これらの部位の粘膜の病変を詳しく観察します。胃カメラでは、下記のような疾患の早期発見・早期予防ができます。

当院では、ご希望により、鼻から診る経鼻内視鏡も選択することが可能です。

胃カメラ検査の流れ

(1)事前検査

検査を安全に行うために、全身状態の把握や感染症の有無について、採血検査を行います。

  • 経鼻胃カメラをご希望の方は、この時にお申し出下さい。
  • 心疾患、緑内障、前立腺肥大、糖尿病の既往がある方、
    麻酔薬に対するアレルギーがある方はお申し出下さい。
  • 現在内服中の薬がある方はお申し出下さい。
    お薬の内容によっては数日前より休薬していただくことがあります。
矢印

(2)検査前日

  • 問診票をご記入下さい(事前検査の時にお渡しします)。
  • 検査前日午後8時以降は絶食して下さい。
     (午前0時までの水分、及び寝る前の薬は服用可)
矢印

(3)検査当日の朝

  • 検査当日は、絶飲食で薬も飲まずにご来院下さい(喫煙も含む)。
  • 当日、注射をしますので、腕の出しやすい服装でお越し下さい。
  • お車、バイク等運転してのご来院は控えて下さい。
     ※検査の際に使用する薬の影響で、めまい・眠気・ふらつき・目のちらつき等が起こる場合があります。
矢印

(4)前処置

前処置の説明
矢印

(5)検査

検査の説明
矢印

(6)検査結果

検査結果の説明
矢印

(7)検査終了後について

  • 喉の麻酔がきいているため約1時間は絶飲食になります。
  • 検査後の食事は、消化のよい刺激の少ないものを食べて下さい。
  • 胃の動きを止める薬の影響で目がチカチカしたりまぶしく感じることがありますが、1時間程度で改善します。

△ページトップに戻る