内視鏡検査・治療(胃カメラ・大腸カメラ)

増え続けている病

がんの罹患数の推移

近年、がんにかかる患者さんの数がますます増えてきています。その一方で、医療技術の進歩によって、がんは早期に処置すれば治る可能性のある病気になってきています。

内視鏡検査・治療とは

「食欲がない」「胃がもたれる」「食道がつまる」「胸焼けがする」「ご飯を食べると胃が痛む」「便秘と下痢が交互に起きる」「なんとなく便が出きっていない」「吐き気や腹痛がある」「便が細くなった」「便に赤黒い血がまじる」───このような症状の方は、内視鏡検査を行うことをオススメします。胃・食道・十二指腸や大腸の数ある検査のなかで、内視鏡検査は体の中に細い管のついた極小さいカメラを入れて、悪いところを発見したり治したりする、検査と治療を兼ね備えた優れたものです。

食道・胃や大腸の色々な検査

  胃の検査 大腸の検査
血液検査 癌の早期発見にはあまり役にたたないことが多いです。
便潜血検査 早期発見にはあまり役にたちません。胃潰瘍、痔などでも陽性にでます。
バリウム検査 バリウムというお薬を飲む、あるいは肛門から入れて、レントゲンを撮りますが、角度によって見落としなどがでることがあります。
内視鏡検査 検査できる場所は
食道・胃・十二指腸です。
大腸全体を見ます。
先端に極小さなカメラがついた細い管を口、あるいは肛門から入れて直接病変を見ます。診断能力はもっとも高く、また検査と同時にポリープの切除などの治療も可能です。
胃カメラ検査はこちらへ
大腸カメラ検査はこちらへ

新しい内視鏡技術NBIで、がんの早期発見!

NBIは、初期のがんの特徴的な変化を見つけやすくする技術なんです!

NBI(狭帯域光観察)という、特殊な光を使って通常より鮮明に粘膜表面を観察できる、最新の内視鏡装置を当クリニックでは導入しています。


NBIは、自覚症状がほとんどない初期のがんを見つけやすくする技術で、早期発見につながりやすい検査として世界中の医療現場で期待されています。さらに、NBI検査は通常の内視鏡検査とまったく同じなので、安心して受けていただけます。

NBIの画像の比較

当院の内視鏡の検査実績(H30年1月現在)

年度 上部消化管内視鏡検査 下部消化管内視鏡検査
(このうちポリープ切除)
合計
平成13年 122件 74件(32件) 196件
平成14年 195件 104件(43件) 299件
平成15年 318件 199件(59件) 517件
平成16年 324件 213件(52件) 537件
平成17年 348件 240件(62件) 588件
平成18年 382件 268件(96件) 650件
平成19年 385件 270件(81件) 655件
平成20年 452件 331件(86件) 783件
平成21年 442件 336件(78件) 778件
平成22年 418件 307件(60件) 725件
平成23年 472件 320件(82件) 792件
平成24年 503件 324件(82件) 827件
平成25年 531件 375件(78件) 906件
平成26年 588件 426件(89件) 1,014件
平成27年 587件 425件(156件) 1,012件
平成28年 614件 409件(131件) 1,023件
平成29年 611件 416件(147件) 1,027件
合計 7,292件 5,037件(1,414件) 12,329件

当院は以下の登録精密検査医療機関です

  • 胃がん検診二次精密検査医療機関
  • 大腸がん検診二次精密検査医療機関
  • 京都市大腸がん検診協力医療機関

内視鏡でわかるいろんな病気

△ページトップに戻る