過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:通称 IBS)は、主に大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。

検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。

以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていましたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれるようになりました。