胃・十二指腸潰瘍(い・じゅうにしちょうかいよう)

本質的にはピロリ菌が原因といわれてきています。

昔はひどい潰瘍は手術治療が行われていましたが、現在はH2-blocker、PP-Inhibitorといったお薬が開発されたことによってほとんどが手術を必要とせずに治療可能となりました。