食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)

肝硬変がある程度進行してくると血液が肝臓に流れにくくなって食道の血管(静脈)に流れやすくなります。

しかし食道の血管はそんなに強くないのでだんだん増えた血液により膨らんで限界を越すと血管が破れて大出血をおこすのです。

食道静脈瘤の破裂は肝硬変の方たちが以前は命を落とす最大の原因でした。

現在は内視鏡手術により静脈瘤を結紮し出血をとめることができるようになりました。